プロフィール

 昭和35年、峰山に生まれる。少年期は野球少年で、自主練しながらも天理高校に入学、大学まで野球に打ち込む。高校で学んだ「人さんを助けて喜ぶ」という教えに心打たれ、いずれは人のために何かをする、という志を抱く。

 京都大学卒業後、総務庁・沖縄開発庁・経済産業省等の経験を経て、野中広務先生(63代内閣官房長官)等の秘書官を務める。「国の中枢」と接することで、社会が動く仕組みを体得する。「平成の大合併」による現京丹後市合併の際、野中氏から電話で「新市長候補に、君の名前があがっとんるや」と聞く。戸惑いながらも、地元の方々からの強い要望を受け「人の役に立つ、尊い、素晴らしい仕事だ」と決意。初代京丹後市長に就任する。

 市長時代は久美浜の原発拒否に伴う地域振興プランの推進、200円バスの推進など、地域の本質的な発展に尽力。革新的な政策により「優秀マニフェスト賞(首長部門)」を全国5人の一人として選ばれる。現在も「地方の活性化」に貢献する尊さを感じながら、活動を続けている。

血液型/A型 趣味/ウォーキング 好きな食べ物/カレーライス・だし巻 家族/妻と子1人

中山やすしプロフィール画像

主な経歴
○峰山中学校・天理高等学校・京都大学経済学部卒業
○総務庁行政管理局行政手続法制定準備室室長補佐
○沖縄開発庁沖縄総合事務局総務部人事課長
○国務大臣·沖縄開発庁長官秘書官
○内閣府総合規制改革会議事務室次長
○京丹後市長○(一社)地方創生戦略機構代表理事
京丹後市での主な活動実績
  • 「商工業総合振興条例」を府下初制定。全国最高級の支援策を施行。
  • 新たな産業拠点「森本工業団地」を整備
  • 光ファイバー網の全域整備とケーブルテレビの導入
  • 「上限 200 円バス」の実施・推進
  • 合併後初「市立病院の黒字化」達成。弥栄病院の整備スタート
  • 小中学校の再編・耐震化
  • 「保育所・幼稚園の保育料」を大幅引き下げ
  • 「保育所再編と耐震化」を完全実施。
  • 「小中一貫教育」を推進。28年度から市内全域で実施へ
  • 特養など介護施設の整備率がすべて府下上位グループに
  • 雇用安定のため全国最大級の支援を展開(リーマンショック時)
  • 第10回マニフェスト大賞「優秀マニフェスト賞(首長部門)」受賞
  • 原発拒否を表明。「原子力から元気力のまちへ」 原発に頼らない計画づくり
  • 政府の「改正地域再生計画」に第一号認定。全国の地方創生をリード。
  • 「自殺のない社会づくり市区町村会」 「幸せリーグ」を全国の中心として推進
  • 稲作発祥神話「月の輪田」「清水戸」を発信・支援
  • 「EV 乗合タクシー」を、網野・久美浜において創設・導入
  • 障害のある仲間と共に「クリエイトショップくりくり」オープン
  • 京丹後 百寿人生のレシピ」を発行
  • 近畿でも珍しい「寄り添い支援総合サポートセンター」を開所
  • 「高齢者大学」を統一して創設

その他多数

 昭和35年、峰山に生まれる。少年期は野球少年で、自主練しながらも天理高校に入学、大学まで野球に打ち込む。高校で学んだ「人さんを助けて喜ぶ」という教えに心打たれ、いずれは人のために何かをする、という志を抱く。
 京都大学卒業後、総務庁・沖縄開発庁・経済産業省等の経験を経て、野中広務先生(63代内閣官房長官)等の秘書官を務める。「国の中枢」と接することで、社会が動く仕組みを体得する。「平成の大合併」による現京丹後市合併の際、野中氏から電話で「新市長候補に、君の名前があがっとんるや」と聞く。戸惑いながらも、地元の方々からの強い要望を受け「人の役に立つ、尊い、素晴らしい仕事だ」と決意。初代京丹後市長に就任する。市長時代は久美浜の原発拒否に伴う地域振興プランの推進、200円バスの推進など、地域の本質的な発展に尽力。革新的な政策により「優秀マニフェスト賞(首長部門)」を全国5人の一人として選ばれる。現在も「地方の活性化」に貢献する尊さを感じながら、活動を続けている。

血液型/A型 趣味/ウォーキング 好きな食べ物/カレーライス・だし巻 家族/妻と子1人

中山やすしプロフィール画像

主な経歴
○峰山中学校・天理高等学校・京都大学経済学部卒業
○総務庁行政管理局行政手続法制定準備室室長補佐
○沖縄開発庁沖縄総合事務局総務部人事課長
○国務大臣·沖縄開発庁長官秘書官
○内閣府総合規制改革会議事務室次長
○京丹後市長○(一社)地方創生戦略機構代表理事
京丹後市での主な活動実績
  • 「商工業総合振興条例」を府下初制定。全国最高級の支援策を施行。
  • 新たな産業拠点「森本工業団地」を整備
  • 光ファイバー網の全域整備とケーブルテレビの導入
  • 「上限 200 円バス」の実施・推進
  • 合併後初「市立病院の黒字化」達成。弥栄病院の整備スタート
  • 小中学校の再編・耐震化
  • 「保育所・幼稚園の保育料」を大幅引き下げ
  • 「保育所再編と耐震化」を完全実施。
  • 「小中一貫教育」を推進。28年度から市内全域で実施へ
  • 特養など介護施設の整備率がすべて府下上位グループに
  • 雇用安定のため全国最大級の支援を展開(リーマンショック時)
  • 第10回マニフェスト大賞「優秀マニフェスト賞(首長部門)」受賞
  • 原発拒否を表明。「原子力から元気力のまちへ」 原発に頼らない計画づくり
  • 政府の「改正地域再生計画」に第一号認定。全国の地方創生をリード。
  • 「自殺のない社会づくり市区町村会」 「幸せリーグ」を全国の中心として推進
  • 稲作発祥神話「月の輪田」「清水戸」を発信・支援
  • 「EV 乗合タクシー」を、網野・久美浜において創設・導入
  • 障害のある仲間と共に「クリエイトショップくりくり」オープン
  • 京丹後 百寿人生のレシピ」を発行
  • 近畿でも珍しい「寄り添い支援総合サポートセンター」を開所
  • 「高齢者大学」を統一して創設

その他多数

中山やすしプロフィール画像

主な経歴
○峰山中学校・天理高等学校・京都大学経済学部卒業
○総務庁行政管理局行政手続法制定準備室室長補佐
○沖縄開発庁沖縄総合事務局総務部人事課長
○国務大臣·沖縄開発庁長官秘書官
○内閣府総合規制改革会議事務室次長
○京丹後市長○(一社)地方創生戦略機構代表理事
 昭和35年、峰山に生まれる。少年期は野球少年で、自主練しながらも天理高校に入学、大学まで野球に打ち込む。高校で学んだ「人さんを助けて喜ぶ」という教えに心打たれ、いずれは人のために何かをする、という志を抱く。
 京都大学卒業後、総務庁・沖縄開発庁・経済産業省等の経験を経て、野中広務先生(63代内閣官房長官)等の秘書官を務める。「国の中枢」と接することで、社会が動く仕組みを体得する。「平成の大合併」による現京丹後市合併の際、野中氏から電話で「新市長候補に、君の名前があがっとんるや」と聞く。戸惑いながらも、地元の方々からの強い要望を受け「人の役に立つ、尊い、素晴らしい仕事だ」と決意。初代京丹後市長に就任する。市長時代は久美浜の原発拒否に伴う地域振興プランの推進、200円バスの推進など、地域の本質的な発展に尽力。革新的な政策により「優秀マニフェスト賞(首長部門)」を全国5人の一人として選ばれる。現在も「地方の活性化」に貢献する尊さを感じながら、活動を続けている。

血液型/A型 趣味/ウォーキング 好きな食べ物/カレーライス・だし巻 家族/妻と子1人

京丹後市での主な活動実績
  • 「商工業総合振興条例」を府下初制定。
    全国最高級の支援策を施行。
  • 新たな産業拠点「森本工業団地」を整備
  • 光ファイバー網の全域整備とケーブルテレビの導入
  • 「上限 200 円バス」の実施・推進
  • 合併後初「市立病院の黒字化」達成。
    弥栄病院の整備スタート
  • 小中学校の再編・耐震化
  • 「保育所・幼稚園の保育料」を大幅引き下げ
  • 「保育所再編と耐震化」を完全実施。
  • 「小中一貫教育」を推進。
    28年度から市内全域で実施へ
  • 特養など介護施設の整備率が
    すべて府下上位グループに
  • 雇用安定のため全国最大級の支援を展開
    (リーマンショック時)
  • 第10回マニフェスト大賞
    「優秀マニフェスト賞(首長部門)」受賞
  • 原発拒否を表明。「原子力から元気力のまちへ」
    原発に頼らない計画づくり
  • 政府の「改正地域再生計画」に第一号認定。
    全国の地方創生をリード。
  • 「自殺のない社会づくり市区町村会」
    「幸せリーグ」を全国の中心として推進
  • 稲作発祥神話「月の輪田」「清水戸」を発信・支援
  • 「EV 乗合タクシー」を、
    網野・久美浜において創設・導入
  • 障害のある仲間と共に
    「クリエイトショップくりくり」オープン
  • 京丹後 百寿人生のレシピ」を発行
  • 近畿でも珍しい
    「寄り添い支援総合サポートセンター」を開所
  • 「高齢者大学」を統一して創設
その他多数